メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

丸山隆平 ドラマ「大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」辰五郎役 “ダメ男”の人情旅

[PR]

ドラマ「大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」辰五郎役(WOWOWプライム=土曜午後10時)

 6日に始まるWOWOWの「連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」(全6話、第1話は無料放送)で“ダメ男”の主人公、辰五郎を熱演している。辰五郎は伝説の賭博師でありながら、今は借金まみれ。辰五郎について「人の金を平気で使うし、基本的にどうしようもない格好付け。ただ、やせ我慢する一面もあり、そういうバランスの悪さが憎めない、人間らしいヤツですね」と話す。

 ドラマの舞台は、江戸時代後期。伊勢神宮に人々が大挙して参拝する60年に1度の「おかげ参り」の年、辰五郎は長屋の代表として行くことに。江戸を飛び出し、殺し屋で借金取りの男らに追われつつ、道中で出会う死にたがりの美女・沙夜(芳根京子)らと協力して伊勢を目指す。ヒット映画「超高速!参勤交代」の原作者でもある脚本家と、監督が再びタッグを組んだエンターテインメント時代劇だ。「人情味があるどこか懐かしい作品で、時代劇らしくないブルースなどの音楽や、江戸からの道中に登場する各地の食にも注目してほしい」

 京都府出身で、神社・仏閣巡りが好き。伊勢神宮にはこれまで3回、プライベートで行ったという。「伊勢神宮がすごいなと思ったのは、ビルや電信柱など、現代的な建造物が見えないこと。江戸時代と同じ景色なんやと思った。空気も澄んでいて感激したなあ」と振り返る。

 取材の最後、辰五郎風にメッセージをくださいと頼むと、一呼吸置いた後、快く応じてくれた。「まああれだ、人生何が起こるか分かんねえからよ。とりあえずこのドラマを見て、食いてえもんと行きてえところの目星をつけりゃあいいんだ」。テレビのバラエティー番組などでも見せる爽やかな表情で、テンポ良く語った。【松尾知典、写真・竹内紀臣】


 ■人物略歴

丸山隆平(まるやま・りゅうへい)さん

 1983年11月26日生まれ。2004年にアイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバーとしてCDデビュー。WOWOWのドラマ出演は初めて。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです