新型コロナ 「抗菌効果」に注文殺到 「足利の藍染」マスク 栃木県伝統工芸品 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広げた大人用マスク(下段右)とインナーのガーゼ(左)、上段は二つ折りの状態
広げた大人用マスク(下段右)とインナーのガーゼ(左)、上段は二つ折りの状態

 新型コロナウイルスを防ぐための「新しい生活様式」で必需品とされたマスク。一時期の極端な品薄状態が緩和されつつある中、栃木県の県伝統工芸品「足利の藍染(あいぞめ)」のマスクが注目を集めている。

 足利の藍染は、藍草(タデアイ)を発酵させた「すくも」に木灰や小麦の皮を加え、微生物の力を借りて作った染め液で、木綿や麻などの素材を染める天然藍染め。足利市伊勢町に工房「藍絽(あいろ)座」を構える染め師で、2019年県の伝統工芸士に認定された風間幸造さん(55)が手掛けている。

 風間さんによると、藍草は色素(インディゴ)のほかケンフェロール、トリプタンスリンなどを含み、抗菌や抗炎症作用が確認されているという。足利の藍染も抗菌効果をアピールポイントにしており、直接肌に触れるTシャツや靴下を製品化している。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文641文字)

あわせて読みたい

ニュース特集