メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ増殖へ新事業 いしかわ動物園も参加か 中央アルプス /石川

中央アルプスで確認されたニホンライチョウの雌とふ化したひな=2019年7月、環境省提供

 環境省信越自然環境事務所は5月29日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウを長野県の中央アルプスで増殖させるため、唯一生存している野生の雌が産んだ無精卵と動物園などで生まれた有精卵とを取り換えて抱卵させる初の事業を6月から行うと発表した。

 ライチョウを飼育している動物園などから最大八つの卵を提供してもらい、野生復帰を図りたい考え。那須どう…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです