メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 久々の「ミレー」、ファン安堵 県立美術館再開 「種をまく人」コレラが縁で誕生 /山梨

再開された県立美術館でミレーの代表作「種をまく人」を鑑賞する来館者=甲府市で

 新型コロナウイルスの感染拡大で休館していた甲府市の県立美術館が2日、感染防止対策を徹底させ、約3カ月ぶりに再開した。農民画家と呼ばれたフランスの画家ミレーの代表作で、19世紀に世界で流行したコレラが縁で生まれた「種をまく人」も普段通り展示され、ミレーファンから安堵(あんど)の声が聞かれた。【山本悟】

 2月28日から休館していた同館は、入館時の検温や50人の入場制限などの感染防止策を講じた上で午前9時に開館した。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです