特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えてきました。LGBTはレズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字をとった性的少数者を表す言葉です。誰もが私らしく生きることを認め合える社会を目指して、動き始めた人たちを取材していきます。

特集一覧

山口で暮らす

地方とLGBT/上 「少数者」気にならぬ社会に /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
県内での暮らしについて語るゲイ男性
県内での暮らしについて語るゲイ男性

 人口の9%程度いるとされるLGBTなど性的少数者。パートナーシップ制度の導入や、啓発イベント「レインボープライド」の開催などで、都市部にとどまらず全国で存在の認知が広がっている。一方、県内ではパートナーシップ制度の導入自治体も無く、認知度はまだまだ低い。それでも当事者はいて、日々生活している。「姿が見えない」当事者に日ごろどのようなことを考え、暮らしているのか思いを尋ねた。【坂野日向子】

 「19歳の時、自分はゲイなんだと思いました」。山口市で暮らす30代の男性は語る。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1386文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集