メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

デジタル君のトリセツ=古賀攻

 <sui-setsu>

 グローバル(G)君とデジタル(D)君はもともと非常にウマが合う。21世紀に入ると二人は手を携えて急成長してきた。

 G君は経済活動の申し子。持ち前の開拓者精神により、世界最安値の生産コストを求めて地球の隅々に足を踏み入れた。探索ルートの発見はD君の貢献が大だ。

 D君は計算が速くて記憶力抜群の優等生。特にインターネットが整備されて世界中から声が掛かる人気者になった。国境に縛られずに済むのはG君のおかげだ。

 ただ、二人には重大な欠点がある。各国に途方もない所得格差をもたらすことだ。優勝劣敗は社会につきものではあるが、度が過ぎた。この結果、多くの国でG君とは反りの合わないナショナル(N)君の声が大きくなる。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです