メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

黒人拘束死1週間 全米デモ、対立激化 大統領、融和より制圧

ホワイトハウス近くで抗議する人たち=ワシントンで2020年6月1日、AP

 米中西部ミネソタ州で5月25日、白人警察官による黒人男性の拘束死事件が発生してから1週間。全米各地に広がった抗議デモは一部で暴力行為に発展したが、トランプ米大統領は「力による制圧」を宣言し、分断や暴力をあおり続けている。デモ拡大の背景には、新型コロナウイルスの感染で経済格差が顕在化し、白人警官による黒人の殺害が後を絶たないなど、人種間の摩擦が横たわっている。【ワシントン高本耕太、鈴木一生】

 1日夜、首都ワシントンのホワイトハウスに面した公園。平和的に抗議活動を続けていた群衆に鎮圧部隊が突然、閃光(せんこう)弾と催涙ガスを浴びせ始めた。トランプ大統領が演説を始める直前だった。その後もホワイトハウス中庭の演壇でトランプ氏が語り続ける間、ゴム弾を撃たれ、騎馬隊に追われるデモ参加者の怒号と悲鳴が響き渡った。

この記事は有料記事です。

残り3218文字(全文3573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです