メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 新しい生活様式

 

 新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が解除され、政府が「新しい生活様式」に取り組むよう呼びかけている。細かな例示に「箸の上げ下ろしまで指摘されたくない」という声も。世界では「ニューノーマル(新たな日常)」を探る動きが広がる。感染が一段落した今、私たちはどんな「新しさ」を身につけるべきだろうか。

 「新しい生活様式」は、新型コロナウイルスの感染拡大がある程度収まった段階で、生活や社会のあらゆる場面で感染予防策に取り組むことによって、再流行を抑えようと考えられたものだ。私は政府の専門家会議に参加し、「新しい生活様式」の検討に加わった立場から解説したい。

 緊急事態宣言は解除されたが、国内の感染者数はまだ少なく、免疫を持っていない人が大半だ。今後、再流行する可能性は高い。そこで、日常的な暮らしで感染予防につながる取り組みの参考例を示そうと、私たち専門家が集まって議論を重ねた。その中から、飛沫(ひまつ)感染と接触感染を予防する行動を「実践例」として挙げた。

この記事は有料記事です。

残り4135文字(全文4565文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです