メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦挑戦者決定プレーオフ 芝野虎丸名人-許家元八段 第7譜

 秒読みの始まっている許は、いわば短距離の走者。相手が打ったら、手を読んで計算して決断して着手。その間に許されるのは59秒だけ。残り2分あるが、最後の1分はいざという時のために残しておきたい。

 対局中、置物のように微動だにしない芝野だが、形勢が悪いときは少しだけ動きがある。頰や耳が紅潮するのは、集中して考えている証し。右手の人さし指を顎(あご)に当て、左手は細かくリズムを刻んで計算する。

 芝野は「黒85は参考図の黒1、3が成立しました。白4の抱えは黒5で中央の黒を連れ戻されるので、白4では5とアテるくらい。それならば、黒aとヨセながらのコウダテがあります。こう打つべきでした」と解説した後に、「実は黒93で右方の白を切断できるとの錯覚が」と告白した。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです