メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

花模様のマスク 北九州市若松区・了戒恵理子(介護福祉士・56歳)

 突然現れた見えない恐怖と私の小さな居場所も静かに闘っている。テレビから刻々と流れるコロナ情報に憂鬱さも募り、デイサービスの穏やかなひとときは様変わりして張り詰めたような空気が漂う。

 換気、手洗いの徹底はもちろんのこと、自宅での検温や体調管理にも十分に気を付けていただきながら、戦々恐々の毎日を過ごしているのが現実だ。こんな状況でもホッとするような光景はある。

 予防でマスクの着用を全員にお願いすることになった。ある女性の利用者さんは目をまん丸くして「マスクとか生まれて初めてするんよ」と言う。確か90歳くらい。専業主婦で6人のお子さんを一生懸命に育ててきたという話を伺ったことがある。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです