メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茂木外相、韓国外相に電話で抗議 WTOへの提訴手続き再開表明

茂木敏充外相=田所柳子撮影

 茂木敏充外相は3日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と電話協議し、韓国が日本の半導体材料3品目に関する輸出管理強化を巡り、世界貿易機関(WTO)への提訴手続き再開を表明したことに抗議した。茂木氏は「韓国側の発表は懸案の解決に資さず、極めて遺憾だ」と述べ、韓国が求める規制緩和につながらないとの考えを伝えた。

 協議は日本から呼びかけた。康氏は「日本の管理措置が維持されているのは遺憾だ」と述べ、措置撤回を求めた。元徴用工問題では茂木氏が「(日本企業の資産が売却される)現金化は深刻な状況を招くので避けなければならない」と改めて強調した。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです