メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芭蕉の「謎の追悼句」制作過程が分かる書簡 山形・酒田で発見

見つかった芭蕉の自筆とみられる書簡=山形県酒田市の酒田あいおい工藤美術館で、長南里香撮影

 江戸時代前期の俳人・松尾芭蕉(1644~94年)直筆とみられる書簡が山形県酒田市で見つかった。芭蕉が紀行文「おくのほそ道」の旅で、1689(元禄2)年に羽黒山(鶴岡市)に滞在した際に記した「天宥(てんゆう)追悼句」(県指定文化財)の修正を指示する内容。追悼句を所蔵する出羽三山歴史博物館は「長年謎に包まれていた追悼句の成り立ちが明らかになった」と注目する。【長南里香】

 見つかった書簡は掛け軸にされた1枚で、縦15センチ、横32センチ。宛名や署名、落款はないが、天宥追悼句について、「発句の無玉(なきたま)は其(その)玉に直してもいい」などと、計2カ所の修正を依頼している。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです