メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対面再開かオンライン授業か 大学、感染防止と教育の両立模索 京都

授業を再開した京都教育大の教室。学生同士は間隔を空けて座る=京都市伏見区の京都教育大で2020年6月2日午前8時51分、福富智撮影

 新型コロナウイルス対策の休業要請が解除され、府内の大学でも感染予防対策を講じた上で、対面授業を再開する動きが出ている。2日には京都教育大(京都市伏見区)が教室での通常授業を約2カ月ぶりに再開し、キャンパスに活気が戻った。一方、秋までの前期はオンラインでの授業を選択する大学も目立ち、感染防止と教育の両立に向け、各大学の模索が続いている。

 緊急事態宣言が全国に拡大されたのを受け、府は4月18日から大学への休業を要請。5月21日に宣言が解除されると、府は感染防止のマニュアルの策定を求めた上で、同28日から段階的に再開することを認めた。

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです