高千穂あまてらす鉄道 60人乗りカート用動力車導入 「観光客呼び戻す一助に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クレーン車でつり上げられ線路に据えられる新型動力車=宮崎県高千穂町で2020年6月2日、荒木勲撮影
クレーン車でつり上げられ線路に据えられる新型動力車=宮崎県高千穂町で2020年6月2日、荒木勲撮影

 旧高千穂鉄道(廃線)の線路で観光用カートを運行する「高千穂あまてらす鉄道」(宮崎県高千穂町)に2日早朝、60人乗りカートを動かす新型動力車(機関車)1基が搬入された。3500㏄のエンジンを搭載している。

 高千穂町三田井の高千穂駅近くの線路沿いで搬入作業。重さ約4・3トンの新型動力車をクレーンで持ち上げてレールに据え、車庫に移動した。従来の30人乗りカート用だった2500㏄動力車と、新しい動力車を…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集