メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦第1局2日目 文裕が下辺に侵入 芝野名人は中央の厚みで勝負 

本因坊決定戦七番勝負第1局で、封じ手を着手する本因坊文裕(手前右)、同左は芝野虎丸名人、奥中央は二十五世本因坊治勲=甲府市の常磐ホテルで2020年6月3日午前9時5分、新土居仁昌撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第1局は3日午前9時、甲府市の常磐ホテルで再開された。文裕の封じ手は「16の十一ノゾキ」だった。

 9連覇を目指す文裕に、初挑戦で奪取すれば最年少3冠となり、7大…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです