メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡逆走事故1年 地域支えた男性死亡 「自治会はガタガタ」免許返納ためらう事情

車が歩道に乗り上げた事故現場=福岡市早良区で2019年6月4日午後8時26分、徳野仁子撮影

 福岡市早良区で乗用車が逆走して交差点に突っ込み、男女10人が死傷した多重衝突事故の発生から4日で1年になる。乗用車を運転し、死亡した男性(当時81歳)は運転免許証を自主返納するか迷っていたが、運転できなくなると自身が会長を務める自治会の活動が停滞することを懸念し、ためらっていたという。事故は高齢者コミュニティーを支える移動手段のあり方を問いかけている。

 「顔を合わせる機会がなくなり、みんなが元気かどうかも分からない。自治会の活動はガタガタだ」。5月下旬、男性が会長を務めていた同市早良区の原3丁目3区自治会の副会長、松尾慶夫さん(79)はため息をついた。かつては高齢者仲間で定期的に遠出もしていたが、事故後の活動は月1回の古紙や空き缶などの回収だけとなった。

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです