メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

高校無敵のボクサー、「空白」知りハングリーに 狙うはパリ 鹿屋工・荒竹一真

 放課後、部室に向かったものの着替える気力は起きなかった。「俺、帰るわ」。鹿児島県立鹿屋工高ボクシング部の荒竹一真(17)は力なくつぶやいた。新型コロナウイルスの感染が広がりを見せていた2月26日、全国高校選抜大会(3月、石川県)の中止が発表された。3年生になる目前、夢見てきた「高校8冠」は道半ばにして途絶えた。

 高校ボクシング界で「8冠」は無敵の称号だ。夏の全国高校総体3回、秋の国体3回、そして春の選抜大会2回と出場可能な8大会の完全制覇だ。達成者は過去に、ともに奈良県立王寺工高で2015~17年に成し遂げたライト級の今永虎雅(20)=東洋大=とウエルター級の荒本一成(20)=日大=の2人。世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級王者(WBAはスーパー王者)の井上尚弥(27…

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文2058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです