メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ危機・克服のヒント

地域医療 保健師を軸に連携 難病支援ネット・ジャパン代表・伊藤たてお氏 /北海道

インタビューに答える難病支援ネット・ジャパン代表理事の伊藤たてお氏=札幌市中央区で

 ――難病患者への新型コロナウイルス感染拡大の影響は?

 ◆肺疾患や免疫異常の病気を抱える人などは、病院での感染を恐れて通院できなくなり、精神的に参っています。自宅で人工呼吸器を付けている患者は、介護人材の不足や感染防止からお風呂に入れてもらえないなどの問題も起きています。移動自粛で離れて暮らす家族の支援も受けづらくなっています。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです