メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ テレワーク推進「印鑑廃止」 「はんこの里」に嘆きの声 /山梨

JR身延線の甲斐岩間駅前にある、はんこのオブジェ=山梨県市川三郷町で

 新型コロナウイルスの感染拡大は、慣れ親しんだ「はんこ」の位置づけを揺さぶっている。感染拡大防止のため、政府はテレワークの推進を掲げているが、押印のために出社するケースも多い。中西宏明・経団連会長が4月に記者会見で印鑑について「ナンセンス。美術品として残せばいい」と手厳しい一言を加えたほか、印鑑を「完全廃止する」と宣言して電子契約に移行することを決めた企業も出てきた。一大産地・山梨では「テレワークの推進はわかるが、印鑑がスケープゴートにされているようだ」と、嘆きの声が上がっている。【野呂賢治】

 新型コロナ感染拡大が深刻化した4月以降、印鑑を巡る状況は激変した。IT大手「GMOインターネットグループ」は同月、「お客様手続きの印鑑を完全に廃止し、契約は電子契約のみ」とする方針を公表した。テレワークが進む中でもグループ内で従業員が押印のために出社対応している状況を受け、決めたという。広報担当者によると、顧客からはおおむね好評を得ているそうだ。ただ、今後も「紙ベースの契約が一件でもあれば、出社…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです