メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家の中村文則さん=東京都千代田区で2020年1月23日、宮間俊樹撮影

 コロナ禍で気持ちが沈むが、こんな時こそ、未来を見たい。

 次の政権が、こんな政権だったらいいなと、想像してみたい。希望を持ちたい。

 どんな政権がいいだろうか。僕の想(おも)いでは、まず虚偽、隠蔽(いんぺい)、改竄(かいざん)をしない政権がいい。

 国会で、加計学園の獣医学部の特区への申請を「1月20日まで知らなかった」と述べたりしない。「桜を見る会」の名簿やホテルニューオータニでの前夜祭の明細書、そんな些細(ささい)なものまで必死に隠蔽しない。勤労統計という、経済政策の根幹に関わるデータを改竄したりしない。アベノミクス用に、GDP(国内総生産)の計算方式を変えたりもしない。国から発表されるデータが、信用される政権がいい。

 次の政権は、失敗や誤りを認める政権がいい。そうでないと、改善されない。東京オリンピックを気にしたとしか思えないのだが、日本はPCR検査を絞るという、世界で唯一、少なくとも先進国では唯一の政策を取った。

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです