新型コロナ 給付金の疑問、SNSで発信 天理市長自ら 手続き、入金日など /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
給付金についての情報公開している並河市長のSNS。市民から申請状況が手に取るように分かると好評だ=奈良県天理市で
給付金についての情報公開している並河市長のSNS。市民から申請状況が手に取るように分かると好評だ=奈良県天理市で

 「入金日はいつ?」「必要書類について教えて」。新型コロナウイルス対策で全国民に一律10万円を給付する国の「特別定額給付金」への市民の疑問に答えようと、天理市の並河健市長が個人のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で手続きや振り込みの進捗状況を発信している。その名も“一人10万円速報”。自身のフェイスブックやツイッターに市長が直接、審査件数や入金状況などを書き込んでいる。

 市の申請受付はオンラインは5月2日に開始、郵送は同13日に書類を一斉発送した。その後、市民からは申請手続きに関する問い合わせの電話などが相次ぎ、職員が業務の手を止めて対応に追われることもしばしば。並河市長自らSNSを駆使し、市民の「知りたい声」に答えることにしたという。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集