メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口で暮らす

地方とLGBT/中 声出せぬ雰囲気、打開を /山口

生徒から届いた授業の感想を読む当事者の教師

 県中央部で暮らす20代の教師。体は男性として生まれたが、自身の性別をカテゴライズせず、男性でも女性でもない「私」と考えている。「私は私でしかない。男とか女とか、性別にとらわれずに生きている」

 幼少期から男性という性に違和感があり、小中学校でも制服やランドセル、頭髪検査などが苦痛だった。高校では、3年我慢すれば大学に進学しつらさから逃れられると割り切って耐えた。しかし後から振り返り「小中高は大切な12年間。子供たちに、自分らしさが出せない環境に自分を置いてほしくない」と考え、大学から教師を志すようになった。

 どういう人生を歩みたいのか。それを見つける手助けをするのが、教師としての自分の仕事だと思っている。今は社会の授業などの一部を使って「男性が男性を好きになってもおかしくない」「職業を選ぶのに性別は関係ない」と子供たちに教え、「選択肢を狭めないで」と伝えている。花柄の持ち物を持っている男子生徒がからかわれていても「すてきやん。なんの花?」と声を掛ける。周りの教師にもカミングアウトし、「あなたはあなた…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです