メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 義務教育後、探せぬ進路 外国籍の15~19歳、不就学・不就労8.2%

 日本で暮らし、日本の義務教育を一定期間受けたとみられる外国籍の未成年(15~19歳)の8・2%(小数点以下第2位を四捨五入)が通学も仕事もしていない「不就学・不就労」となっていることが判明した。毎日新聞が国の統計データを基に分析した。小中学校時代に適切な日本語教育を受けられず、長期間、社会に溶け込めない若者が一定数いるとみられる。

 毎日新聞は、2015年に実施された国勢調査について、独立行政法人「統計センター」に統計法に基づきオーダーメードでの集計を委託。15年調査で確認された15~19歳の外国籍の未成年の中から5年前の10年時点で海外にいた人を除外し、少なくとも1年間以上、日本の義務教育を受けたとみられる人を抽出して新たな統計を作成した。この統計データで「失業中で仕事を探している」「家事」「就学せず就労の意思もない」と区…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです