メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

江戸に200軒以上あった寄席が…

[PR]

 江戸に200軒以上あった寄席が全廃されそうになった天保の改革である。辛うじて市中で15軒が存続を許されたが、演目は主に勧善懲悪(かんぜんちょうあく)の神道、心学、軍書の講談と昔話に限られた。寄席好きは落胆したろう▲「よせよせといふ内(うち)もとの様(よう)になり」の「よせ」は寄席と止せ。天保の改革が失敗すると、たちまち寄席が市中で息を吹き返したさまを詠んだ川柳である。その後、江戸の寄席は以前を大きく上回る700軒に増えたという話もある▲幕閣(ばっかく)には無用と見えた庶民の娯楽だが、その復元力はすごかった。この伝統を受け継ぐ東京の寄席の一部がコロナ休業から営業再開したのは、都の休業要請緩和「ステップ2」によるものだ。だがその直後の「東京アラート」である▲レインボーブリッジや都庁の赤いライティングが何ともまがまがしく見えたのは、ようやく生業の再起動で生まれた心の弾みに急ブレーキがかかったからだろう。都内の感染者増を受け、都民に警戒を呼びかけるアラートの発動である▲新たな感染者の半数以上は感染経路が不明という。だが、アラートが直ちに休業要請を逆戻りさせるわけではない。感染の動向を警戒しながら生業や生活の再建を進める難しさを、あらためて思い起こさせた赤いライティングだった▲寄席の歴史は、縁なき人には「無用」と映る楽しさを求める庶民のパワーを示した。そんなご先祖譲りのパワーを、感染への警戒を怠ることなく心に弾みを取り戻す「新しい日常」の構築に注ぎ込みたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです