メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

コロナ対策へのスマホ利用 国民に丁寧な説明を=論説委員・竹川正記

 新型コロナウイルスの感染を抑えつつ、経済・社会活動を取り戻す対策の一環として、政府はスマートフォンのアプリを使って個人に感染リスクを知らせる仕組みを導入する。早期の検査を促して感染拡大を防ぐのが狙いで、月内に始める。ただ、国民の6割超が使わないと、効果が上がらないという。プライバシー保護との両立が焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り2666文字(全文2822文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです