立憲、宇都宮氏支援へ 主要政党、構図固まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党は東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)で、無所属での立候補を表明している元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)を支援する方針を固めた。自民、公明両党は現職の小池百合子知事(67)を推薦する方針で、知事選を巡る主要政党の構図がほぼ固まった。与野党とも、一枚岩の支援態勢を組めるかが課題になる。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1925文字)

あわせて読みたい