メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国 黒人拘束死 「平和な抗議」広がる 遺族「暴徒化望まず」

「平和な抗議を」と連呼した後、黙ってピースサインを掲げて静かに抗議するデモ隊=米西部カリフォルニア州ロサンゼルスで2020年6月2日、福永方人撮影

 米中西部ミネソタ州で黒人男性が白人警官に首を押さえ付けられ死亡した事件に端を発する抗議デモは、2日も全米各地の主要都市で続いた。これまで一部が暴徒化し、略奪などが横行したが、暴力行為は男性の本意ではないとの遺族の訴えもあり、2日は平和的な抗議が目立った。ただ、人種差別や公権力による暴力への怒りは収まっておらず、軍の動員も辞さないトランプ大統領への反発から、デモ収束の兆しは見えない。

 「彼はもう娘の成長を見ることができない。いい人だった。(元警官を)公正に裁いてほしい」。事件で死亡したジョージ・フロイドさん(46)のパートナーだった女性が2日、2人の間の娘と共に同州ミネアポリス市で記者会見し、涙ながらに悲しみを訴えた。1日には事件現場近くでフロイドさんの弟テレンスさんが、暴徒化する一部のデモ参加者に向け「(破壊などを)兄は望んでいないはずだ。お願いだから平和的にやろう」と涙を…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 東京・板橋で女性刺され死亡、殺人事件で捜査 同居の30代夫と連絡取れず

  4. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  5. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです