電子決済、大同団結? 利便性向上 3メガ銀など勉強会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民間企業が発行するデジタル通貨や電子マネーについて、利便性を高めるための勉強会が3日、発足した。3メガバンクやJR東日本、NTTグループ、KDDIなどが参加。現在は各自で開発する決済インフラの標準化や互いの決済インフラを接続する仕組みなどを検討し、9月までに報告書をまとめる。

 スマートフォンで手軽に決済や送金ができるデジタル通貨を巡っては、みずほ銀行が「Jコインペイ」を発行し、三菱UFJ銀行も「coin(コイン)」の発行を検討している。電子マネーでは、「Suica(スイカ)」のJR東日本や携帯電話事業者などが独自の規格でそれぞれサービスを提供し…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集