メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ倒産200件超す 正社員合計7700人 東商リサーチ調べ

 東京商工リサーチは3日、新型コロナウイルス関連の企業倒産件数(負債額1000万円以上)が同日正午時点の累計で204件になったと発表した。このうち数が判明している197件の正社員は合計で7702人に達した。全ての人が職を失うわけではないが、パートやアルバイトなど非正規の従業員も含めた雇用面への打撃は大きい。

 関連倒産は2月末までは2件だったが、4月下旬に100件に拡大。その後も増勢は緩まず、6月3日に200件を上回った。政府の緊急事態宣言は全面解除されたものの、あらゆる業態の売り上げがコロナ拡大の前に戻るには時間を要するとみられ、今後も倒産が相次ぐとの見方が多い。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです