メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村哲さん銃撃死、半年 偉大な父、今も感じて 長女・秋子さん、ペシャワール会手伝う

ペシャワール会の事務局で父への思いを語る中村秋子さん=福岡市中央区で2020年6月1日午後、矢頭智剛撮影

 2019年12月にアフガニスタンで武装組織に銃撃され亡くなった福岡市のNGO「ペシャワール会」の現地代表で医師の中村哲さん(当時73歳)の長女秋子(あきこ)さん(39)が父の死後、会の活動を手伝い始めた。約30年にわたりアフガンで医療や農地復興に尽力した中村さんの死から4日で半年。偉大な父の写真が飾られた会の事務局で「一会員としてできることをしていきたい」と穏やかに語った。

 秋子さんは5人きょうだいの長女。中村さんが帰国時の住まいとしていた福岡県大牟田市の自宅で母尚子(なおこ)さん(67)らと共に暮らし、今年1月から福岡市の事務局に足を運ぶようになった。事務局では専従とボランティアの計三十数人が現地で働く約100人のスタッフとの連絡調整や、会報の発行、募金活動などを通して活動を支えている。医療事務の仕事を持つ秋子さんは月に2回ほど事務局の仕事を手伝い、現地事業や会の…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. ソウル市長、失踪か 娘「遺言のような言葉残し外出」 元秘書がセクハラ訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです