メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療の本音

「災害」としてのコロナ=松本尚(日本医科大学救急医学教授)

 新型コロナウイルス感染症の拡大で、英国では4月初め、ロンドン東部のある展示場に最大4000床まで拡張できる臨時病院を設置しました。その名も「ナイチンゲール病院」。ナイチンゲールは、クリミア戦争(1853~56年)で兵士の多くが病院内の不衛生が原因で亡くなったことを指摘し、防疫の重要性を広く普及させた人物です。新型コロナ対策も、手洗い励行、マスク着用、密集などの「3密」回避という防疫がキーワードです。

 同じころ、災害医療コーディネーターとして千葉県庁の医療調整本部にいた私は、入院病床の確保が予想以上に難しく、頭を悩ませていました。各病院は賛同してくれるものの、職員の感染防御教育や防護具不足など課題が多く、患者をすぐに受け入れられませんでした。そんな時、幕張メッセに臨時の医療施設を作る案を思いつきました。軽症や中等症の患者、医師や看護師、医療資材を集約させれば病院の負担を軽減できます。地域は通常…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです