メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普賢岳火砕流29年 「昨日のことのように思い出す」

 死者・行方不明者43人を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から29年となった3日、被災地の同県島原市では各地で追悼行事があった。発生時刻の午後4時8分には市内にサイレンが鳴り響き、市民らが犠牲者に黙とうをささげた。

 1991年6月3日の大火砕流では、消防団員や報道関係者らが逃げ遅れて犠牲になった。消防団員の詰め所だった「北上木場(きたかみこば)農業研…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  4. 東京・板橋で女性刺され死亡、殺人事件で捜査 同居の30代夫と連絡取れず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです