メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 ズームを有効活用 映画の感想、初めて共有 シネマチュプキ

 ユニバーサルシアター「CINEMA Chupki TABATA」(東京都北区)は毎月1回、映画を見た人同士が感想を語り合う「ゆるっと話そう」を続けてきた。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言に伴い、5月31日まで休館中だったため、5月はコミュニケーションアプリ「ズーム」を使って初めてオンラインで開いた。

 5月の対象作品は、障害当事者が運営する大阪の自立生活センターを舞台にしたドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」。普段からChupkiに来館している電動車いすの男性は「電動車いすの動き方も取り上げられていてうれしかった。当事者だけでなく、ヘルパーのことも紹介されていて目新しさもある」と話す。また、「オンラインは移動の必要もないので、遠方の人とも感想が共有できる」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです