SNS中傷対策 匿名投稿者の電話番号開示へ プロバイダー責任制限法改正も 総務省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 総務省の有識者会議は4日、インターネット上のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で名誉毀損(きそん)にあたる書き込みがあった場合、SNS事業者が被害者側に開示する情報に、書き込んだ人物の電話番号を加えることで大筋で一致した。匿名の書き込みの発信者を特定しやすくする。開示ルールを定めるプロバイダー責任制限法の制度改正も視野に、7月に対策を取りまとめる方針だ。

 2001年に制定されたプロ責法は、名誉毀損や著作権侵害といった情報をSNS事業者などが削除しなかった場合に、発信者情報の開示を請求できる権利を規定。現在の省令では、氏名や住所、メールアドレスなどを開示させることが可能だが、事業者が氏名や住所などの情報を持っていないこともある。これに対し、電話番号は事業者が把握していることが多く、開示対象に追加されれば、弁護士が電話会社に照会するなどして発信者の特…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文903文字)

あわせて読みたい

ニュース特集