メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

米グーグルのブラウザ、クロームの「シークレット(秘密)モード」=共同

 米グーグルが「シークレット(秘密)モード」に設定したブラウザー「クローム」で利用者のインターネットの閲覧情報を収集し、プライバシーを侵害しているとして、利用者は3日までに、グーグルに損害賠償を求める集団訴訟を米カリフォルニア州の裁判所に起こした。

 提訴は2日付。ロイター通信によると、原告が求める賠償額は少なくとも計50億ドル(約5400億円)。

 秘密モードは閲覧履歴などがブラウザーや端末に保存されないようにする設定で、グーグルがプライバシー保護策として導入した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです