九十九里特産イチゴ、ビールに 新型コロナで過剰在庫 千葉のメーカー資金募る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスで危機に直面する地域の食と観光に元気を取り戻そうと、千葉県山武市の酒造メーカー「寒菊銘醸」が九十九里特産のイチゴを使った発泡酒「イチゴビール」を生み、クラウドファンディング(CF)を通じた協力を呼びかけている。

 同市はイチゴ栽培が盛んで、「ストロベリーロード」と呼ばれる街道沿いには約20軒のイチゴ農園が集まる。毎年大勢の観光客が訪れていたが、今年は新型コロナ…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

あわせて読みたい

ニュース特集