中国メディアは黙殺 天安門事件31年 広場には警察官、追悼活動今年も封じ込め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 1989年に北京で言論の自由や政治の民主化を求めて集まった学生や市民に軍が発砲し、多数が犠牲となった天安門事件から4日で31年を迎えた。現場となった北京の天安門広場は制服や私服の警察官の姿が目立ち、当時の参加者や遺族らの追悼活動は今年も抑え込まれた。

 4日の天安門広場は、観光客の姿はあるものの、新型コロナウイルスの影響もあってか人影はまばらだった。天安門周辺に常設されている安全検査場には警官が通常より多く配置されていた。中国では天安門事件はタブー視されており、今年も国内メディアは節目の日を黙殺した。

 香港メディアによると、犠牲になった学生らの遺族でつくる団体「天安門の母」の一部メンバーは4日朝、治安当局の監督下で、北京郊外の墓地で犠牲者の冥福を祈り、墓前に花をささげた。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文731文字)

あわせて読みたい

ニュース特集