社会

クマハンター、急ぐ若手育成 進む猟友会の高齢化 山形県、銃購入費など補助

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
この時期、クマの活動が活発化するため、山形県などが警戒を呼びかけている=県提供
この時期、クマの活動が活発化するため、山形県などが警戒を呼びかけている=県提供

 冬眠から目覚め、餌を求めるクマの活動が活発になり、山形県内で目撃が相次いでいる。散歩中の高齢男性が襲われてけがをする被害も出た。夏場に向かい急激に増加する傾向があり、アウトドアシーズンを前に注意が必要だ。一方で、駆除を行うハンターの高齢化は深刻で、担い手不足が顕著なだけに、県などは若手狩猟家の育成を狙う。

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1208文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集