「麦秋」黄金色の畑をコンバインで豪快に刈り取り 愛知で収穫ピーク

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
黄金色に輝く麦をコンバインで収穫する花木道明部会長=愛知県西尾市吉良町木田で2020年6月3日、渡辺隆文撮影
黄金色に輝く麦をコンバインで収穫する花木道明部会長=愛知県西尾市吉良町木田で2020年6月3日、渡辺隆文撮影

 愛知県内トップクラスの麦の産地、西尾市で収穫がピークを迎えた。黄金色に染まった麦秋の畑で、コンバインが穂を豪快に刈り取っている。

 市内では麦農家48人が約1250ヘクタールの畑で麺用「きぬあかり」とパン用「ゆめあかり」の2品種を栽培している。

 同市吉良町木田では西三河農協農作業受託部会の花木道明部…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

あわせて読みたい

注目の特集