メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希少種「オヤニラミ」の産卵撮影 6度挑戦、フェイスブックで公開 北九州市ほたる館

産卵するオヤニラミ。下はペアの雄=北九州市ほたる館提供

 北九州市ほたる館(北九州市)が、飼育している淡水魚オヤニラミの産卵シーンの撮影に成功し、フェイスブック(FB)で約1分の動画を公開している。撮影した職員の鵜澤拓哉さん(26)は「貴重な映像で、希少種の普及活動や生態を知る資料として保存していきたい」と話す。

 オヤニラミは、河川の中流から下流域の水草が多く、流れが緩やかな場所に生息し、最大13センチ程度。えらぶたに目のような模様がある。環境省レッドリストで「近い将来、野生での絶滅の危険性が高い」絶滅危惧ⅠB類とされている。

 ほたる館は約3年前からオヤニラミを飼育している。縄張り意識の強い魚で3匹を別々の水槽で飼っていたが、今年3月に生態水槽(横4メートル、縦90センチ、奥行き80センチ)をリニューアルした際「十分な距離が保てる」と同居させた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです