岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長野、岐阜県境の群発地震により崩落したとみられる穂高連峰のコブ沢=岳沢小屋の栗原祐樹さん提供
長野、岐阜県境の群発地震により崩落したとみられる穂高連峰のコブ沢=岳沢小屋の栗原祐樹さん提供

 各地で地震が相次いでいる。長野県中部と岐阜県飛驒地方の県境付近では、4月22日から今月3日までに震度1以上が計172回も観測された。長野、岐阜県境では過去にも一定期間にわたって発生が続く「群発地震」があり、研究者らが注視している。茨城県や鹿児島県などでも目立っているが、各地で何が起きているのか。【三股智子】

 5月19日午後1時12分、長野、岐阜両県の県境に広がる北アルプスの玄関口・上高地を大きな揺れが襲った。山小屋の岳沢小屋で責任者を務める栗原祐樹さん(37)が沢を見上げると「ドドドー」という音がし、雪崩や落石を目にした。

 岐阜地方気象台によると、この地域では4月22日の午前2時26分から地震が続いている。5月31日までに観測された震度1以上の揺れは169回。京都大防災研究所なども約15カ所に地震計を設置し観測しているが、当初の約1カ月間で体に感じない揺れを含めた地震は9000回以上に達したという。

 これまでに震度5以上の観測はないものの、その多くの震源は深さ10キロ未満と浅いため、規模が小さい割に揺れが大きくなる傾向がある。栗原さんは「体感では震度5以上のような強い揺れを感じることがある」と話す。4月23日はマグニチュード(M)5・5、最大震度4を観測。5月19日には1日だけで震度1~4が42回もあった。

 上高地の登山道では今回の地震の影響とみられる崩落や落石、雪崩が確認された。ただ、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、山小屋などが営業していないこともあり、登山客らの被害は報告されていない。

過去の群発地震と重なる震源域

 なぜ、この地域ではこれほど地震が頻発するのか。震源域の東に約20キロ離れ…

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2552文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集