メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

USJ厳重警戒で8日再開 入場時検温、1列ごと間隔空け着席…対策を公開

入場ゲートで、ソーシャルディスタンスをとって並ぶデモンストレーションを行うスタッフたち=大阪市此花区のUSJで2020年6月4日午前9時9分、平川義之撮影

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は4日、来場者を限定して8日に再開するのを前に、新型コロナウイルスの感染防止対策を報道機関に公開した。来場者にはマスクの着用を求め、検温も実施。ジェットコースターや屋内シアターでは1列ごとに間隔を空けて着席してもらう。感染対策を徹底し、客に安心して遊んでもらえるようにする。

 再開は約3カ月ぶりになる。この日は、スタッフが入場ゲートで非接触型の体温計を使って客の体温を測り、感染情報を通知する大阪府の「大阪コロナ追跡システム」にメールアドレスを登録してもらう様子を公開した。感染者が分かると、同じ日にいた客にメールが届く。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです