メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

過量に処方された薬の副作用で亡くなった長浜裕美さん(右)と夫の明雄さん=遺族提供

 2014年9月に川崎市の女性(当時43歳)が薬の副作用で死亡したのは、東京女子医科大病院(東京都新宿区)が添付文書に書かれた用量の16倍に当たる抗てんかん薬を処方したためだとして、遺族が病院側に総額約4300万円の賠償を求めた裁判の判決で東京地裁は4日、運営法人と医師2人に計約1500万円の支払いを命じた。佐藤哲治裁判長は「合理的理由なく用法用量を守らない処方を行い、発症する副作用の内容を患者が理解できるように説明する義務も果たしていない」として病院側の過失を認めた。

 亡くなったのは脳腫瘍を患い、同病院で治療を受けていた長浜裕美さん。夫の明雄さん(45)と両親が提訴していた。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです