わずかな精子で顕微授精成功 「無精子症」男性の負担軽減に期待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3個の精子を尾部からピペット(右)で吸引する様子=セントマザー産婦人科医院提供
3個の精子を尾部からピペット(右)で吸引する様子=セントマザー産婦人科医院提供

 男性不妊の治療で、精液から採取した3個以下のわずかな精子を傷つけずに採取、凍結し、顕微授精で14人の子どもが生まれたと、セントマザー産婦人科医院(北九州市)の田中温(あつし)院長らの研究チームが欧州産科婦人科学会誌で発表した。精液中に十分な精子がない「無精子症」と診断された男性は精巣を切開して精子を取り出すことが多い。今回の手法は、体への負担の少ない治療法の普及につながると期待される。

 無精子症の男性の中には、精液を遠心分離機にかけると、ごくわずかの精子が見つかることがある。しかし数は少ないため、採取、凍結するのは技術的に難しかった。世界保健機関(WHO)によると、正常な人の場合、…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文887文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集