メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ後見据え経営者のチャレンジ支援、ビル1階を1年間無料貸し出し 熊本

1階部分を無料で1年間貸し出す計画が進む「TILE BLDG」=熊本市中央区で2020年6月3日午後5時24分、山本泰久撮影

 新型コロナウイルスの影響で苦境に陥りながらも終息後に新たなチャレンジを考える経営者を支援しようと、熊本市北区の不動産会社「銀杏(ぎんなん)開発」が、1年間のテナント無料貸し出しを始める。古民家や古い建物のリノベーション(改修)を手がける村田智仁社長(42)は「一緒にビル周辺ににぎわいをもたらしてくれる人が来てほしい」とアイデアを膨らませている。

 熊本城の北東約1キロの熊本市中央区妙体寺町にある「TILE BLDG(タイルビル)」の1階約30平方メートルを無料で貸し出す計画。ビルは1968年3月に建てられた鉄筋コンクリート造り4階建てで延べ523平方メートル。以前は専門学校が入居していたが、退去後は同社が1棟全体を借り上げてリノベーションし、テナントビルにしている。ビル内は建築当初からさまざまなタイルで装飾され、「タイルビル」と命名された…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです