メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「薬の用量守らず、副作用説明の義務果たさず」東京女子医大病院に賠償命令 地裁判決

「二度と同じような事故を起こさない対策を取ってほしい」。判決後、妻裕美さんの遺影を前に記者会見する原告の長浜明雄さん=厚生労働省で2020年6月4日午後3時12分、吉田航太撮影

 2014年9月に川崎市の女性(当時43歳)が薬の副作用で死亡したのは、東京女子医科大病院(東京都新宿区)が添付文書に書かれた用量の16倍に当たる抗てんかん薬を処方したためだとして、遺族が病院側に総額約4300万円の賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は4日、運営法人と医師2人に計約1550万円の支払いを命じた。佐藤哲治裁判長は「合理的理由なく用法・用量を守らない処方を行い、発症する副作用の内容を患者が理解できるように説明する義務も果たしていない」として病院側の過失を認めた。

 亡くなったのは脳腫瘍を患い、同病院で治療を受けていた長浜裕美さん。夫の明雄さん(45)と両親が提訴していた。

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです