連載

匿名の刃~SNS暴力考

SNSでの卑劣な個人攻撃は、なぜ繰り返されるのか。社会はどう対応すればいいのか。関係者に話を聞きました。

連載一覧

匿名の刃~SNS暴力考

感情を「商品」にする危うさ 元制作者、津田環さんが語るリアリティー番組の怖さ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「テレビマンユニオン」プロデューサーの津田環さん=本人提供
「テレビマンユニオン」プロデューサーの津田環さん=本人提供

 急死した女子プロレス選手が出演していたフジテレビの番組「テラスハウス」は、シェアハウスで共同生活を送る男女の恋愛模様を伝える「恋愛リアリティー番組」として人気を集めていた。同様の番組作りの経験がある「テレビマンユニオン」のプロデューサー、津田環さんは「若くて不安定な出演者の感情を『商品』として切り売りするところに、危うさや怖さがある」と指摘する。さらに「制作側は彼女の出演シーンの放送や告知の際に『炎上』を想定していたはず。その責任は重い」と強調する。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3380文字(全文3627文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集