特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

日本人、もっと対話を アフリカ出身・京都の学長が語るコロナの教訓

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウスビ・サコ マリ 京都精華大学長=2018年3月16日午後4時13分、小松雄介撮影
ウスビ・サコ マリ 京都精華大学長=2018年3月16日午後4時13分、小松雄介撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で激変した生活から、私たちは何を学べるだろうか。建築学が専門でアフリカ・マリ出身のウスビ・サコ京都精華大学長(54)は、50カ国以上に滞在した世界との比較から「日本の人たちが対話する時間を作り、率直に意見を言い合うきっかけになればいい」と話す。【聞き手・大迫麻記子】

 ――コロナの感染が世界に拡大する直前に世界を回っていたとのことですが、特に印象に残ったことを教えてください。

 ◆ヨーロッパ諸国の混乱です。私は国際会議などで、昨年12月末から1月初旬にアメリカ、2月にフランスとアフリカを訪れていました。アメリカでもフランスでも、私がマスクをしていると「なんでマスクなんてしてるの」と言われ、コロナを全く警戒していませんでした。そこからわずか2カ月足らずで、ドイツとフランスが中国製マスクを取り合うことになり、アメリカでは世界最多の感染者を出すことになります。アフリカから見る…

この記事は有料記事です。

残り1938文字(全文2341文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集