メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 障害者、在宅で職業訓練 奈良・テレワーク就労期待

パソコン作業の職業訓練をする利用者に人型ロボット「ペッパー」を通じて作業内容を伝えたり、指導したりする。写真では、田村昭夫センター長に様子を再現してもらった=奈良市大宮町の「3R・マテリアルセンター」で2020年4月25日午後1時19分、萱原健一撮影

 新型コロナウイルスの影響で障害者の職業訓練でも在宅で行う「テレ訓練」が進んでいる。社会でのテレワークの広がりは障害者の多様な働き方につながり、テレワークに対応した在宅訓練は将来の就労機会を広げると期待される。障害者就労支援の現場で在宅訓練に先進的に取り組み、新型コロナの感染拡大後は利用者の約7割が在宅で訓練を受けているという社会福祉法人「ぷろぼの」(事務局・奈良市)に聞いた。

 同法人は障害者の就労を支援する事業所を奈良県内を中心に計10カ所開設し、身体、知的、精神、発達などに障害がある人たちが利用。ITスキルの訓練を受けながら、ビジネスマナーなど社会性の習得に取り組む。数年前から障害者の多様な働き方につながる企業のテレワーク導入に注目し、1年以上前から在宅訓練の環境整備を進めてきた。

 法人の就労継続支援B型事業所「3R・マテリアルセンター」(同市大宮町3)で、使用済みパソコンを再生させる作業を行う崎田晃嗣さん(31)=奈良市=は5月11日、初めて自宅でウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って職員の指示を受けながら、パソコンの在庫のデータ整理などに取り組んだ。障害者は環境の変化に敏感でストレスを感じやすく、発達障害のある崎田さんも「うまくいくか不安だった」が、「大きな支…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです