メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

伊藤若冲が彩る「京の台所」 錦市場 荒波いなす老舗の心意気

 毎日新聞で連載が始まった夕刊小説「恋ふらむ鳥は」の筆者、澤田瞳子さんは京都在住の人気作家。代表作の一つ「若冲」では、錦市場(京都市中京区)で生まれ育った天才絵師、伊藤若冲(1716~1800)の人間像に迫った。新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)され、その舞台も沈んでいるのでは――と想像したのだが、さすがは京都である。老舗の商いはしなやかだった。

 京都府などで緊急事態宣言が解除されて初の週末の5月23日、錦市場は閑散としていた。以前は約130店が並ぶ東西390メートルの通りに外国人観光客や修学旅行生らがあふれ、週末は前に進むのも難しいほどだったのに。若冲作品が描かれたシャッターを下ろした店もあり、アーケードに下げられた作品のタペストリーも幾分色あせて見えた。

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです